携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:566ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

157

よく見ると先生の身体は体中に発疹のようなものが出来、さっきからの体の震えも心なしか激しくなっているように見えた。きっとアレルギー症状が大きくなって来ているのだろう。
ひとりの生徒の前で先生が突然大声で叫び出すと言うこの異常な状況を前に、遠巻きに先生を見ていた他の生徒達はいよいよ彼女から距離を取っていった。

「いい?私は魔法アレルギーなの!近くに魔法的なものがあると体調が悪くなるのよ!」

「そ、そうなんですか……」

いつきは態度が豹変した玉井先生を前にただただ圧倒されていた。アレルギーって反応が酷い場合、命に関わるって聞いた事がある。そう考えれば先生のこの必死の言動にも納得出来るものがあるといつきは思った。

「だからあの魔法生物をどこかにやって!早く!今すぐに!」

「わ、分かりました……」

発狂気味の玉井先生を前にして反論の許される状況ではなく、いつきはその言葉に素直に従うしかなかった。昨日の冗談がこんな結果になってしまうなんてといつきは自身の運のなさと昨日の自分を責めていた。

そんな中、まるで状況を飲み込めていないヴェルノは脳天気にいつきに話しかける。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P