携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:664ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

156

この雰囲気を崩すようにそこに現れたのはヴェルノだった。何でこんなタイミングで!この突然の来訪者の出現に先生はパニックになってしまう。
先生が怯え始めたその原因は、まさに校舎に侵入したこの異界の生物に間違いはなさそうだった。

「ひぃぃ――っ!魔法生物ッ!」

先生は魔法を使って姿を消しているはずのヴェルノに過敏に反応する。どんなに彼が気配を消しても耐性のあるいつきには全く効かない訳で、それでつい彼女はヴェルノに本当のその魔法を使っているのか追求する。

「べるの!あんた姿を消して」

「何言ってるんだよ!僕のステルス魔法は完璧だよ?」

「でも先生が……」

そこまで言っていつきはハッと気付く。先生もまた魔法と縁が深かったと言う事を。もしかしたらそのせいもあって彼女にもヴェルノの魔法は効かないのかも知れない。いつきがその結論を導き出した時、先生は突然立ち上がり、顔を真っ赤にして彼女を糾弾した。

「いつきさん、あなた!あなたが元凶なのね!」

「え……っ?」

突然態度が豹変した玉井先生を前にいつきはまたしても呆気に取られてしまう。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P