携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

153

それでも流石に魔法を一番身近な存在とまで言ってしまうのは、いつきの感性を持ってしても少々違和感を感じてしまう。
魔法と占いが近い存在で隣町と言うキーワードからいつきは以前襲って来た魔女の事を思い出す。そこでつい彼女は先生に質問を投げかけた。

「もしかして……」

「えっ?」

「先生の前の職場って……占い館「魔女のお茶会」じゃあ……」

占い館「魔女のお茶会」とは、前に彼女を襲った魔女、清音の普段の勤務先だ。いつきは玉井先生がこの占い館と何らかの関係があるんじゃないかと予想したのだ。彼女の口から具体的なお店の名前を出された先生は鳩が豆鉄砲を食らったような顔になった。

「えっ?なんであなたがその名前を?もしかして行った事が?」

「いえ、まだ行った事はないんですけど、クーポン券貰っちゃって……近い内には行ってみようかと」

玉井先生のこの反応を見ていつきは自分の想像が正しいと実感した。その魔女のお茶会って占い屋さんに在籍している人はみんな魔女なんだろうか?
今度はそんな質問をしようかと彼女が思っていると、先に先生がクーポン券という言葉に食いついてきた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。