携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:703ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

143

確かにずっと家にいると言うのは退屈で仕方のないものなのだろう。
だけど学校生活だってそれと大して変わらない。何も起こらなければ退屈でつまらないものなのだ。日常と言うものはそう言う風に出来ている。
今日は新しい担任がやって来たと言うそれなりにネタになる話もあったんだけど、今の彼女はヴェルノと話す気力もあまり残っていなかった。

廊下の上で退屈そうにしているヴェルノを見ていて、いつきはふとある試みを思いついた。

「じゃあべるのも学校に来る?退屈はしないかもよ?」

「そんな!大勢の生徒の前に顔なんて出せないよ!もし正体がバレたら……」

流石のヴェルノもこのいつきの大胆過ぎる発想には拒否反応を示していた。この世界の中では異質の存在である魔法生物が突然学校に現れたら、パニックにならないはずがない。最悪の想定をすれば、捕まって解剖されてしまうかも知れない。
そんな危険な事ににホイホイと挑戦するなんて、いくら暇が潰せるからってリスクが大き過ぎる。

大勢の人間の前に姿を現す危険性を訴える彼に対して、いつきはサラッと言い放った。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P