携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:564ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

127

ここで自分が関わるべき問題ではないと判断した彼はいつきに適当にアドバイスをする。

「あ、そ。決められないなら適当に選べば?目をつぶって適当に触ったのにするとか」

「あー、そう言うのもいいかもね」

ヴェルノの投げやりアドバイスを聞いていつきはパァァと顔が明るくなった。今の彼女には皮肉が全く通じないようだ。早速彼女は目をつぶって人差し指を空中でくるくると回し始めた。それから1冊の本を押さえると目を開いて首を傾げる。どうやら結果がお気に召さなかったようだ。
それでまた本を並べ直して1から選択作業をやり直す。そんな事を何度も繰り返していた。つまり悩む振りをしながらも本当は持っていく本を最初から決めていたようだ。ただ何となくすぐに決めてしまうのは違う気がして心を迷わせていただけだった。

からくりが分かったヴェルノは最後までは付き合いきれないと、机から飛び降りてベッドの上に飛び乗りひとあくびをするとそのまま丸くなった。

「じゃあ僕は寝るよ。おやすみ」

「あ、もー。どれがいいかべるのにも意見が聞きたかったのに」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P