携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:664ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

123

彼もぎこちないながらその彼女の行為に応える。

「よ、よろしくだべ……」

ヨウは顔を真赤にして照れながらいつきと握手する。これで和解成立だ。

「いつき、こいつと仲良くしてもいいの?」

ちょっと前に自分を襲って来た相手と仲良くしようとしていた彼女の態度にヴェルノがツッコミを入れる。彼の言葉を受けたいつきは少し考えて、それからヴェルノの方を向いてニコっと笑って自分の考えを口にした。

「だって別に敵じゃないみたいだし……。それに忍者だよ!かっこいいじゃん!」

「はぁ、もう分かったよ」

このいつきの返事にきっとこれ以上何を言っても無駄だと悟ったヴェルノはそれ以上この件については何も言わなかった。話が一段落したところで、謝罪と真相を確認出来たヨウはこの場から立ち去る事にする。

「それじゃあ、おらは失礼するべ。数々の無礼、どうか許して欲しいべ」

「誤解も解けたし、もう襲っては来ないんでしょ?ならそれでいいよ」

「有難うだべー」

ヨウはそう言うと段々風景の中のその姿を溶かしていく。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。