携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:563ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

95

もっともっと眠っていたいヴェルノはそう言って目を閉じようとする。
けれどそれを安々と許すいつきではなかった。両手を使って強引に顔を自分に向けさせると、じっと彼の目を見つめ、真剣な顔で説得する。

「話だけじゃダメだよ!実際に見ないと!」

「折角朝寝坊出来るんだから寝かせてよ」

この真剣な迫力を前にしてもヴェルノにとっては睡眠の方が大事らしかった。彼は小さくあくびするとまたウトウトとまぶたを閉じようとする。
言葉で彼を説得するのが無理と悟ったいつきはにやりと笑うと、物理的手段でヴェルノを起こそうと手をワキャワキャと動かした。

「だーめー!そーれくすぐり攻撃じゃあ!」

ヴェルノはこのいつきの動作を見てやばいと思って一瞬体を硬直させる。
けれど時すでに遅し……彼は彼女のくすぐり攻撃を受けて眠気が吹っ飛んでしまう。その後もくすぐりは続き、苦しさで過呼吸になる始末だった。

「やめて!やめてよ!起きるから!」

すっかり眠気の吹き飛んだヴェルノは彼女の魔手から逃れようとしてその場からジャンプした。そんな彼をいつきは追いかける。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。