携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:664ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

92

「こらー!早くにご飯食べてもこんなに遅くなったらダメじゃないの!」

そう、次元の穴に吸い込まれた騒動が解決した時、既に彼女達が本来出かける時間を少し過ぎていたのだ。いつきはその時間になるまで決して遊んでいた訳ではない事を手を激しく動かしながら必死に母に訴えた。

「いや、それどころじゃなかったんだよー!」

「あれ?お侍さんは?」

いつきの母がそう言いながらこの部屋にいるはずのレイゼンの姿を探している。何も知らない母に詳しい説明をしても仕方がないと思ったいつきは簡単に事の顛末を説明した。

「うん、体調が戻ったみたいで元の時代に帰っちゃった」

「そ、そうなんだ……よく分からないけどめでたしめでたしなんだね」

「そうだよ、じゃあ急いで出かける準備するね」

空気を読める自分の母に感謝しつつ、いつきは出かける準備を整え始める。
レイゼン問題も解決してまた彼女にいつもの日常が戻って来ていた。

「なんだありゃあ……いきなり何もない所から出て来たぞ……やっぱりあいつ、危険因子かぁ?」

その様子を遠くから眺めているひとつの影があった。彼は事の一部始終をその場所から眺めていたらしい。
いつきを観察しているらしいこの人物の正体は一体何者なのだろうか?
それはそうと、のぞきは悪質な犯罪行為です!良い子は真似しちゃダメだぞ!

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P