携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:563ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

91

「こちらこそ、大変世話になり申した。この御恩は一生忘れぬでござる。何事かあれば必ず参上いたしますぞ!」

「いいよいいよ、それにどうせ連絡方法もないじゃない」

「いえ、今回拙者は次元共有感覚を会得しました故、これでどこにいてもいつき殿の危険を察知する事が出来るようになったでござる。ですから、助けが欲しい時はいつでも私めの名前をお呼びくだされば」

言っている原理はよく分からないものの、困った時に助けを呼べはレイゼンはいつでもどこでもいつきを助けに現れるらしい。
この言葉を聞いて早速ヴェルノはニヤニヤ笑いながらいつきをからかった。

「おお、良かったじゃん。何かあったら助けてくれるってさ」

「そっか……分かった、じゃあ気持ちだけ受け取っとくね」

「では、さらばでござる」

「うん、元気でね!」

伝えたい言葉を全て伝え終わるとレイゼンは自らが作った次元の穴に入っていった。きっと元に時代に戻っていったのだろう。全てが丸く治まっていつき達は取り敢えず一息ついた。
しかし間髪入れずに今度はいつきの母が痺れを切らして部屋に入って来た。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。