携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

57

いつきの単純な推理を魔女は即座に否定する。考えて見れば彼女の目的は最初からいつきに向けられていた。
一体何故魔女は自分を狙うのか。その理由が分からないいつきは改めて彼女に逆ギレ気味に質問する。

「じゃあ、私に何の用なんですか!」

「私はあなたが羨ましいのよ」

「?」

いつきが羨ましいと言う魔女の言葉。その言葉の意味をいつきは全く理解出来なかった。彼女が魔女より優れていると言えば、すぐに思いつくのは若さくらいのものだけど、それならこれだけ多くの中学生のいる中でわざわざいつきを選部ぶ理由にはならないだろう。
全然思い当たるフシが思い当たらない中でいつきが返す言葉に困っていると、魔女がその理由を話し始めた。

「私の夢を安々と叶えて……」

「夢って……?」

「知ってるのよ、あなたが魔法少女だって。私もずっと憧れていたもの」

「な、何を……」

話の途中から魔女の自分語りが唐突に始まった。今から考えればこの間に逃げれば良かったのだけど、いつきは魔法少女になりたかったと言うこの魔女の話につい興味を持ってしまい、その場から動けないでいた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。