携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:564ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

第9話 嫉妬の魔女 その3

「いつきちゃんおはよ、どうしたの?」

「あ、ゆきのんおはよ。いやぁ、朝から変なのに絡まれちゃって」

「そうなんだ。無事で良かったね」

取り敢えず恐怖が去ったいつきは、朝の事を悪い夢だと思う事にした。たまたまおかしな人が自分に絡んで来ただけだと。
それにあの魔女は警察の人が連れて行ってくれたからもう大丈夫、忘れようと思う事にした。
けれど……事件はそこで終わった訳ではなかった。むしろここからが本番だった。

その日の放課後、いつきが家に帰ろうと学校を出ると、そこにはまた魔女が待ち構えていた。彼女の姿を見ていつきは驚いて大声を出してしまう。

「うわっ!」

「良くも逃げてくれたわね」

どうやら、魔女は魔法の呪文の詠唱が終わる前に逃げ出したいつきを恨んでいるようだ。ただ、あの状況の中で逃げない人はいないだろう。
それよりいつきは警察に連れて行かれたはずの魔女が今自分の目の前にいる事自体が信じられなかった。

「警察に捕まったんじゃ……」

「何もしてないもの、すぐに開放されたわよ!」

「もしかして警察に捕まったから逆恨みで私を」

「そんな理由で待ち伏せはしないわよ!」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P