携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

52

「ふぅ、危なかった、危うくアイツを見逃すところだった。確かこの先には学校があったわね……」

警察官の職務質問を催眠魔法で回避した魔女はいつきの尾行を再開した。そして彼女が中学の校門に入ったところで魔女はいつきに追いついた。
けれどあまりに焦っていたため、この時魔女は尾行相手にバレないように隠密行動をする事を忘れてしまっていた。
流石にそれに気付かないいつきではない訳で、追いかけてくる魔女の足音を察知して振り返った。

「あの、何か私に用ですか、おねーさん」

「だ、誰がおねーさんよ!私はあんたの姉でも何でもないわ!」

振り向いたいつきに正面から詰め寄られた魔女は、不審に思っている彼女を前に焦って斜め上の反応をする。
いつきはそのある意味愉快な反応にどう返していいか分からず、困ってしまった。

「や、そーゆー意味じゃ……」

「そ、それに別に私はあなたなんかに用はなくてよ!」

魔女はターゲットに気付かれると言う想定外の出来事に、思わずテンションが変になっていた。
そんな魔女とは対照的に、いつきの方は彼女に対して冷静に対応していた。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。