携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:566ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

43

「「魔法少女の必須アイテムだよね!」」

ヴェルノはアイテム扱いされた!普段ならこの事について抗議のひとつもするところだけど、今の彼にそれだけの体力は戻っていなかった。
それからいつきは事の顛末を全て雪乃に洗いざらい話した。多少は誇張も入っていた気はするけど事実は大体正確に話していた。

「へぇぇぇ!これは穏やかじゃないね!」

雪乃はとても興味深くいつきの話に耳を傾けていた。それだけ真剣に聞いてくれると、いつきの方としてもとても気分が良い。
それで雪乃も一緒に魔法少女になれたら楽しいなと思うようになった。
そこでいつきはヴェルノに雪乃も魔法少女に出来ないか相談をする。

「ねぇべるの、彼女も魔法少女に出来ない?」

「ごめん、今の僕はそんなに多くの力を割けないんだ」

その質問に対してヴェルノの答えは否定。どうやら彼の能力には限界があって、魔法少女に出来る人数は1人だけのようだった。
そのやり取りを聞いていた雪乃は、すぐにいつきの思いつきを遠慮した。

「わ、私はいいよ、別に魔法が使えなくても……。それにいつきちゃんにはそう出来る権利があるんでしょ」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P