携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:563ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

22

けれどいつきの部屋にはそれを見せるテレビもプレイヤーもなかった。彼女はやる気がなくなって一気に落胆した。
そこで説明はともかくとして、取り敢えず自分の望みだけをストレートにヴェルノに伝える事にした。

「ねぇ……私が変身した後にみんなが私だって気付かれないようには出来ないの?」

「僕の魔法の有効範囲はさっき話したよね?それより離れた人には魔法の効果は届かない。それで良かったら誤魔化すくらいは出来ると思うけど」

「あーそうか……じゃあもういいや。もう魔法少女やめる」

望みが叶えられなさそうな事が分かるといつきは魔法少女になりたかった情熱が一気に冷めてしまった。ちょっと!ここで終わったら"魔法少女"いつきの物語は終わってしまうんですけど!もうちょっと頑張って欲しいんですがっ!
それで言われた方のヴェルノの反応はと言うとこれまた冷めたものだった。

「そう?まぁいいけど。ところで魔法使った感覚はどうだった?」

「何かすっごい気持ち良かった。でもどうして?」

「魔法の力は思いの具現化。望みが叶った時は嬉しいでしょ。あの気持ちがより強烈になるんだよ」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。