携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:666ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

21

「魔法少女って変身している間は本人だって気付かれないものなの!」

このいつきの言う魔法少女モノのお約束のシチュエーションにヴェルノは首を傾げた。所詮お約束はアニメの世界の話でありヴェルノの知っている魔法世界の常識とはかけ離れたものだったからだ。彼は彼女の話を聞いて浮かんだ素朴な疑問をいつきにぶつける。

「何で?顔や声も変えるの?そもそもそう願えばそうなるはずだけど」

「もうそう言う事じゃないんだよー」

2人の話は全然噛み合わない。いつきはアニメのお約束の話を前提にしているのに対しヴェルノはもっとリアルな話をしているので当然だった。

「大体変身願望って言うのは本人がどう変わったか見せびらかしたいものでしょ。本人と気付かれなくてどうするのさ」

「恥ずかしいの!言わせないでよ!」

「恥ずかしいのになりたがるって意味が分からないよ……」

分かって欲しいのに分かって貰えない辛さ。いつきはヴェルノに説明するのを諦めた。彼を手っ取り早く説得するにはもう魔法少女のアニメを見せる以外に方法はない。

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。