携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:563ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

第3話 魔法少女の誕生 後編

(な、何これ……うわ!超気持ちいい!)

それは時間にして数秒だっただろうか……。それとも数十秒……本当はほんの一瞬だったのかも知れない。
とにかくその僅かな時間の間、いつきはとてつもない快楽を感じていた。それは初めて知る強烈な感覚だった。
自分の体に流れていく魔法をその身で味わいながら何だか彼女は知ってはいけない刺激を知ってしまった気がしていた。

「はい、終わったよ。もうこれでいつきは魔法少女になった」

ヴェルノの魔法が終わってもいつきはしばらくぽーっとしていた。この時、何かを考える余裕なんてなかった。それだけ強烈な体験だった。
頭の中が真っ白で体が宙に浮かんでいる感じ。やがてその快楽も時間と共に徐々に収束していった。

「これで君はもう魔法を使える魔法少女になれたはず。でもひとつ注意してね。変身出来るのは僕が側にいる時だけだから」

「えっ?」

「この世界は僕がいた魔界じゃない。この世界で僕の世界の魔法を使うには魔法世界の住人である僕が側にいないといけないんだ。僕が側にいる事で僕の周りだけ魔界と同じ状態になるんだよ。その状況で初めて君は魔法少女になれるんだ」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。