携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

魔法少女いつき (執筆中)

作:にゃべ♪ / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'16年5月9日 10:02
ページ数:660ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

この世界の白猫と違うのは喋る事と背中に翼を持っていると言う事。探せば未だあるのかも知れない。
昔見たアニメに似たような姿の生き物がいたなあ…綺麗になったヴェルノを見ていつきはそう思っていた。

「特に何もないけど…」

いつきは台所にあった食パン一枚をトースターで焼いてジャムを塗ってヴェルノに与える。彼は何も言わずすぐに夢中になってそれを頬張った。
生き物が食事をする姿と言うのは基本どんな生き物でも可愛らしい。ヴェルノは見た目がほぼ猫なのでそりゃもう可愛かった。
両手で器用にコップに入れたミルクを飲む姿は動物好きなら誰もがキュンとするに違いない。

「すごく美味しいよ!有難う!えぇと…」

「あ、自己紹介がまだだったね!私はいつき。安西いつき」

よく焼けた食パン一枚とコップ一杯のミルクをペロッと食べたヴェルノにいつきは改めて自己紹介をした。
その時、そんな姿を眺めながら呆気にとられている一つの影が彼女に近付いていた。

「あんた、何やってるの?」

※この小説(ノベル)"魔法少女いつき"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P