携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

精緻な分析

3000億円っていったら
1億人で3000円ってことか?
ってことはだ
介護保険料はいま
40歳以上が払っているから
まあざっと日本の人口が1億人として
まあざっと日本人の平均寿命が80歳として
まあざっと国民の半分が払ってるとして
もし年間6000円の保険料支払いなら
ちょうど3000億円ってことか?
ってことはだ
3000億円あれば
1年間介護保険料
誰も払わなくて
いいってことか?

おいおい
税金が余っているなら
介護保険や医療保険を下げてくれよ

保険といいつつ
毎年、勝手に値上げされて
払えないと
延滞金がサラ金並みについて
財産も没収されちまうんだぜ

えっ
6000円じゃあ
保険料ひと月分にしかならないって?

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。