携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

21世紀初頭の日本の詩 (執筆中)

作:歌川四季 / カテゴリ:未分類 / 投稿日:'16年3月16日 22:24
ページ数:362ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

民主の死

民主主義

国民が選挙で投票した代表者が政治を行うこの制度

だが、ここまで

選挙で言っていたこととやっていることが違うってのはどういうわけ?

これって契約不履行にはならないわけ?

これって詐欺罪にはならないわけ?

誰が消費税上げるって言ってたわけ?

税金の無駄を無くすって言ってたのは誰なわけ?

政治生命をかけて消費税法案を通す

なんてどこの誰がのたまっていたってわけ?

政治生命をかけて税金の無駄を無くす

とは言わないわけ?

ここまで何もかも手の平返しが許されたら

一体、これから何を信じて投票すればいいってわけ?

選挙が終わった後で、前言撤回されたら

一体、民主主義ってのは成り立つわけ?

この苦情

どこにぶつけたらいいわけ?

※この小説(ノベル)"21世紀初頭の日本の詩"の著作権は歌川四季さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P