携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

Eternal Peace −永遠の平和− (執筆中)

作:Nanase / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'09年10月12日 02:26
ページ数:11ページ / 表示回数:回 / 総合評価:1 / コメント:1件

[広告]

Blue Flash -青の閃光-

2人の決闘という噂を聞きつけた門弟達は
2人がいる大広場に集まっていた
ジャックやウィズもそこにいた

「そろそろいいか?」
レイは本気だ
練習では見せない真剣な眼差しだった

「ええ」
ソウは防具を取り付けると
刀身の身近な短剣を手にとった

「へぇ、それがお前の武器か!」
その短剣の刀身は爽やかな薄青色で
陽の光に反射してキラキラ光っていた

「ええ、【ブルーダガー】よ」
ソウは立ち上がりレイの目の前に立った

「行くぞ・・・!」
レイは消えた

いやものすごい高さでジャンプしたのだ
「クロス・ブレード!」
レイは剣をクロスさせ剣を振った
するとその衝撃波がものすごい速さで
ソウめがけて飛んでいった

「あいつマジじゃね?」
門弟達がヒソヒソと騒ぎ出した

すごい爆音とともに地面が十字にえぐれていた
しかしソウの姿はどこにもいない

「!!・・・どこだ・・・!」
レイは360°回って確認したがソウはどこにもいない

上!?

「遅い! 【ブラッド・シャワー】!」

ものすごいスピードで落下してくるソウ
あまりの速さに剣の刀身の色が
残像となっていた

すかさずレイは後ろに下がり
剣にエネルギーを集め
大きく横切りすると
そこから大きな竜巻が現れた

「ウィング・ストーム!」

この技は、レイが使っている「ウィングブレード」の
必殺技の1つだ

ソウはそのまま短剣を持ち突進してきた
ソウは強大な竜巻をものともせず
真っ二つに切り裂き
そのままレイにつっこんできた
レイは瞬時に避けた
つもりだった・・・

「ぐっ・・・」

確かに避けたはずなのに
左腕が切られていた

「甘い・・・私のブラッド・シャワーは
 剣の刀身の1部分を小さな刀に分解して攻撃するんだ」

「そうだったのか・・・不覚だったぜ」

起き上がろうとした瞬間

!!

体が・・・動かない?



※この小説(ノベル)"Eternal Peace −永遠の平和−"の著作権はNanaseさんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
キャッチー 1
合計 1
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (1件)

Techthrone

'09年11月6日 19:32

この小説(ノベル)を評価しました:キャッチー

いいですね!量が量なので全ては読めませんでしたが、
国の名前とかちゃんと決めてあって、具体性、物語性があって非常に良いと思いました。

展開が楽しみです。

よかったら、僕の小説も(2つ出してますw)見てみてくださいっ!

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P