携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

Eternal Peace −永遠の平和− (執筆中)

作:Nanase / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'09年10月12日 02:26
ページ数:11ページ / 表示回数:1319回 / 総合評価:1 / コメント:1件

[広告]

Rival -好敵手-

ホープレスの1人コーダによる襲撃から数時間
町はいつもの平和を取り戻していた

破壊された家を直す人
ケガをした人を治療するもの
町はいつもいじょうに活気にあふれていた

レイは道場に帰り寮のベッドの上に寝転んでいた

「我らに歯向かえば命は無いと思っていろ...」

コーダの言葉・・・

レイの脳裏にその言葉がまとわりついて離れない

ザンドを甘く見ていた訳じゃない
本気で倒そうと思っている

でもあの襲撃・・・先生がいなければ
確実にレイは死んでいた

レイの手は今でも微かに震えていた

「ちくしょう・・・」

自分は強いと思っていた
道場でもトップを狙えるくらいの実力だった
なのに何で・・・?
手下なんかに殺されそうになったんだ
ザンドの強大さを身にしみて感じた

「思い上がるのをいい加減にしろ!」

声の主は道場の門弟ウィズ・リルドだった

「ノックぐらいしろよ・・・」

レイのいつもの元気さがなく
ウィズはあきれていたのだろう

「お前が何にビビってるかは知らねえが」
「ビビってなんか・・・」
その言葉にレイはすかさず反論した
だがウィズはそのまま続けた

「あの手下に殺されそうになったのは
 お前の実力が足りなかった、ただそれだけだ」

わかってる

わかってるんだ・・・

レイは無言になってたが心ではそう呟いていた

沈黙が続いた

レイが重い口を開いた

「じゃぁ・・・じゃぁウィズが戦ったら勝てたってのかよ・・・」

ウィズは冷静に
「無理だろうな。オレはまだ実力が足りていない」

その言葉にレイはウィズを嘲笑した
「はは・・・お前も無理なんじゃねーか」

「でもお前みたいにヘタレじゃない
 そうやってオレは逃げない」

レイの心に重く響いた
いつものレイなら胸ぐらを掴む勢いで
殴りかかっていっただろう
しかし、ウィズの言うとおりだった
だから言い返せなかった

「・・・」

そんなレイを見たウィズは
部屋を出た
だがドア越しにウィズは

「お前はオレが認めた男だ
 そんなところでつまずくな・・・」

いつもはクールなウィズだ
ウィズにとっては精一杯の励ましの言葉だったのだろう

レイはわかってた

「負けるかよ・・・あんなやつに・・・」

レイは笑っていた
いつものレイだった



※この小説(ノベル)"Eternal Peace −永遠の平和−"の著作権はNanaseさんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
キャッチー 1
合計 1
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (1件)

Techthrone

'09年11月6日 19:32

この小説(ノベル)を評価しました:キャッチー

いいですね!量が量なので全ては読めませんでしたが、
国の名前とかちゃんと決めてあって、具体性、物語性があって非常に良いと思いました。

展開が楽しみです。

よかったら、僕の小説も(2つ出してますw)見てみてくださいっ!

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P