携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

赤い華 (完結作品)

作:美咲 / カテゴリ:ファンタジー / 投稿日:'09年10月11日 17:16
ページ数:9ページ / 表示回数:1317回 / 総合評価:0 / コメント:2件

[広告]

9 小さな華の思い出

華を掴んだ時に駆け巡った男の思い出。言葉に出来ず、消えた思い。全部が、チルにのしかかる。一睡もせずに一人で迎えた朝、チルの赤い髪はチルの肌と同じ真っ白になっていた。
『一人にしないでよ』
 出会った時、男の背は自分の二倍くらいで、優しい顔で優しい声で、あだなはにぃにぃ。
『名前、聞いておけばよかった』
 毎日、どんなに叫んだところで、誰も助けにこないし、淋しかった。遠くからだったけど初めて私は呼ばれ嬉しかった。駆けて駆けて、辿り着いた。哀しい顔の男の人が、チルを抱き締めた。
『チルみたいに淋しかったんだ』
『チルみたいに苦しかったんだ』
 そう思うと、一緒に泣いていた。
『にぃにぃみたいに、わたしも同じように人探すね!』
 掴んだまま、持っていた花びら。
 一枚しかなかったけど、手元に残ったもの。
 ヒラヒラヒラヒラ・・・・・・。
 一枚しかないのに飛んでいこうとする。
「にぃにぃ?」
 そう呼ぶと、急に動かなくなって、生きてるんじゃ?と、ドキドキ思う。
「何処かに行きたいの?」
 そう言うと、ビュッと風が吹いて縦に揺れたようにチルには見えた。
「じゃ、手を離すね」
 名残惜しかったけど、仕方なかった。手を離すと、ヒラリッと飛んだけど、着いてきてほしいように、同じ場所でヒラヒラする。
「行ってもいいの?」

 辿り着いたのは果実のたくさんなった大樹。
 でも、この場所は知っていた。
 何度かにぃにぃと来た。
 一緒に食べた。
『なんだか急にお腹すいちゃった』
『哀しいのに』
『淋しいのに』
『花びらにぃにぃさえいてくれればいいけど・・・・・・』
 そう思い探すが、もう何処にも姿はなくて、果実を一つもいで、ガブリッと齧る。
「二人じゃなきゃやだっ!」
 ザー、森へと空から雨が降ってきた。
 目指したのはチルではなく、果実の大樹。
「・・・え」
 花びらになって散っていく果実の大樹。大きく、風が吹き舞い上がり、そこには、花びらじゃない人間のにぃにぃがいた。
「にぃにぃ!」
 両手を広げ、にっこり笑う。向かい入れる、優しい笑顔。
≪・・・おいで≫
 思い切り、抱きついた。
「?」
 ポタポタ、ポタポタ・・・・・・。
 カザの涙がチルにかかる。
≪チルには言っておくけど・・・・・・。一度、花びらになると≫
 サァアアアアッ!
 大きく風が吹いてよく聞きとれず、
「もう一度!全然、聞こえなかった」
≪華は一日しか生きられないし、華は伝える為に生きていて、チルはこれからは、一人で生きていくんだ≫
『何を言ってるの?』
『何を伝えたいの?』
 声が出ない。言いたいことがいっぱいあるのに、声になってくれない。
『どうしてそんなに哀しく笑うの!?』
 声にしたい。
「やぁああああっ!!」
 声になったのは叫び。
 彼を呼んだ、彼と出会ったキッカケの叫び。
≪俺はカザ、覚えていて≫
「・・・にぃにぃ」
≪もう君は大人なんだよ。人は勿論、辛いことばっかだよ。でも、華も辛いんだよ。俺は明日の夜には死ぬ。一日、何か話そう≫
『明日、死ぬ?』
『私はそうすればいいの!?』
 吐き出してしまいたいことがたくさんある。
 でも明日、カザは死ぬ。
≪今まで、いろいろあっただろう?≫
 優しい声で問い掛けられて、チルは唇を噛み涙を耐えた。髪を撫でられて、もう耐えられないと思った。
「カザには一日しかないんだよね?」
≪あぁ≫
 チルは俯きかけていた顔をあげて、微笑んだ。
「いっぱいあったよ、カザ!」

※この小説(ノベル)"赤い華"の著作権は美咲さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P