携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

恋愛discussion (完結作品)

作:suzu。 / カテゴリ:恋愛 / 投稿日:'09年8月13日 08:16
ページ数:7ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

夕闇の下校




薄暗い道

駿と凪は2人、駅まで続く道を歩いていた

駿は自宅から自転車通学
このまま駅に行ってしまうと約反対方向に行ってしまうことになる
だが女子生徒1人で暗い夜道を歩かせるわけにもいかない
そう思った駿は、凪を駅まで送ることにしたのだ


「はぁ・・全く、神崎くんのせいよ」

「・・・はいはい」


自殺しようとしていた凪を止めようとして話し込んでいた2人だが
こんな遅くまで、しかも電気もつけていない教室にいたのを巡回していた先生に見つかり
渋々2人とも下校を余儀なくされたのだ



教室を出る際に凪は
「神崎君のせいで自殺できなかったじゃない」

と不満そうに言い放った


駿はといえば
“井上先生ありがとう・・!”
と、巡回していた井上先生に心の中でお礼をした

危うくクラスメイト1人の命が亡くなっていたのかもしれないのだから




「しっかし・・もう自殺なんて考えるなよ?
これから楽しいことたくさん待ってんだからさ」

「楽しいこと?」


「・・・・若宮は頭良いから大学行くだろ?
新しい友達たくさん作って、いろんなとこ旅行したり
新しい環境に行けば、新しい恋もできるだろうしな」


「・・・・・・そうね」


都会の空に瞬いた
今にも消えそうな小さな光の粒を
凪は仰いだ

続いて駿も空を見上げた







「あのさ・・若宮」

「なぁに?」


静寂が
2人の間を駆け抜けた

※この小説(ノベル)"恋愛discussion"の著作権はsuzu。さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P