携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

わすれられたおもちゃとねこ (完結作品)

作:ミークス・クローバー / カテゴリ:児童文学 / 投稿日:'12年10月23日 16:17
ページ数:12ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

ぼくとネコ

ある日、1匹のネコがやってきておもちゃの言葉で言いました。
「いつもここにいるね、おもちゃの人形くん」
「うん、ぼく、おばあちゃんが帰ってくるのを
 待ってるんだ。」

「そのおばあちゃんは、どこにいるの?」
「天国だっておばあちゃんがここを離れる前に言ってた。」

「ああ、それならもう帰ってこないよ」
ぼくはびっくりしました。「なんで?!」
「人間は一度天国に行くと天国はとってもいい世界だから
帰りたくなくなるのさ。きみのことももう忘れてるかもしれないね」

僕のボタンの目から、白い綿がぼたぼた出てきました。
僕はおもちゃだから人間みたいに涙が出ないんだ。
だからかわりに中の綿が出ちゃうんだ…。

僕は泣きながら言いました。
「それでもぼくは、おばあちゃんに会いたいよ。
おばあちゃんがぼくを忘れてもぼくは、
おばあちゃんを絶対、忘れないもん!」

ネコは、ぼくのかたを優しくなでてくれた。
「きみは、優しいおもちゃだね。おもちゃの世界の人形達が
みんなきみみたいだったら、作った人は天国なんか行かない
かもしれないな」

ネコは、うーん…とうなるとこう言ってくれました。
「じゃあ、おばあちゃんに会う方法を一緒に探してあげるよ。
一緒にノラネコのまちに行こう、明日ね」

ぼくとネコは、この日から友達になりました。

※この小説(ノベル)"わすれられたおもちゃとねこ"の著作権はミークス・クローバーさんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P