携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

光の中の心の喜び (完結作品)

作:喜智璃 (きちり) / カテゴリ:ショートショート / 投稿日:'11年2月8日 11:55
ページ数:4ページ / 表示回数:回 / 総合評価:2 / コメント:4件

[広告]

病院にて、、、

 光眩しい朝に、私は病院の一室で目覚めた。窓の外には、近くの公園の緑が広がる。毎日同じ生活をしてきた私のは、今朝の自分は、まるで何かに怯えた子犬のようだ。
 あの日、あの場所で起こった出来事にただ恐くて恐くて声もでないくらいに怯え続けた私がいた。
 でも、今は周囲の景色が綺麗に見えるようになり、人と話す事も嫌ではなくなってきたように思う。
  

※この小説(ノベル)"光の中の心の喜び"の著作権は喜智璃 (きちり)さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
感動 2
合計 2
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (4件)

YEWJI

'11年4月15日 13:24

この小説(ノベル)を評価しました:感動

こんにちは。

悲しくも嬉しい内容の小説で、とても良かったです。

こんな衝撃的なことが本当にあったら、きっと一晩中泣いても泣き足りないでしょうね。

喜智璃 (きちり)

'11年4月15日 13:40

YEWJIさんへ

読んでくださってありがとうございます。
報道番組などを見ていて思いついたのですが、
こんな風に人の死を書いてもいいのかなぁ
とも思い投稿するのを迷ったのですが、、、投稿しちゃいました。

また、書いてるとき感情を入れすぎて
泣きながら書いた作品でもあります^^

実希

'11年6月20日 15:06

この小説(ノベル)を評価しました:感動

璃昇さん、読ませて頂きました。
フィクションでよかった・・・と、先ず思いましたが。
でも実際に このような事は実話としても存在する事もありますね。
上のお返事で『報道番組』とされているので実話が元になっているのでしょうか。

喜智璃 (きちり)

'11年6月20日 15:55

実希さんへ

こちらにも来ていただきありがとうございますm(_ _)m

はい、これは報道番組の二つの事故と事件がきっかけでできた作品です。
それに加えて、私自身が病気から立ち直ろうとしていた感情を
そのまま使ったといってもいい感じの作品です^^

好きな人がこの世から消えても
どん底に落ちたとしても
何らかの希望があれば人は立ち直れるんじゃないか
と言うようなことを表現したかったのです。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P